G-FORCE

 

【作者】

fanname1397

【掲載誌】

1989年11月号
MSXプログラムコレクション50本~ファンダムライブラリー⑦
スーパープロコレ3

【動作機種】

MSX RAM32k

【投稿部門】

RP部門N画面タイプ(5画面)

【ジャンル】

よっぱらいゲーム
3Dシューティング

【プレイ人数】

1人

【操作方法】

※ジョイスティックでプレイ可(プレイスタート時の入力デバイスのみ有効)

(ステージ中)
左: 減速
右: 加速
SPACE/ジョイパッドAボタン: 上昇(離すと下降)

(ボス戦)
カーソル/十字ボタン: 自機移動
SPACE/ジョイパッドAボタン: 弾を撃つ

【解説】

ステージ前半は、いわゆるよっぱらいゲーム。高速に横スクロールするステージを、天井や床に当たらないよう上昇下降を調節しながら右へと進んでいく。制限時間があるため、ある程度加速しなくてはステージクリアできない。一定距離を進むとボス戦になる。
ボス戦ではフロントビューのシューティングゲームとなる。ボスの放つミサイルを避けながらボスの弱点の黄色いマスを狙って5発撃ち込めば、ボスを撃破して次のステージに進む。
全5ステージ。ゲームオーバーになっても、そのステージの最初からリプレイできる。

【備考】

ターボRで実行するとボスキャラとの対戦中に行180でエラーが出る。
これは行180で使用されている「MOTOR命令」(データレコーダー用の命令)がターボRに存在しないため。「MOTOR:」を削除すると動作するとのこと。
1992年10月情報号87ページ欄外より)

次ページ:G-テニス
閲覧1,332 データ長1,201 更新2013/01/12 08:44更新履歴